できる限り削らないむし歯治療

多田歯科医院ではできるだけ削らないむし歯治療を行っております。

 

なぜ必要なのか

昔から、どれだけ小さなむし歯でもむし歯になったところから再びむし歯になることを防ぐため、むし歯になりやすい部分を「予防」的に悪くなる前に先に削ってしまうこと、詰めた物が外れないように大きく削って詰める、というのが正しい治療法だとされています。


しかし、しばらくするとむし歯が再発しさらに大きく削って詰め物をする。またしばらく経つとむし歯が広がって神経をとり、歯全体にかぶせ物(銀歯)をすることになります。銀歯になった歯は管理が悪ければ、ある年月で歯ぐきの問題か、再度むし歯になるかで抜歯されブリッジ(両隣の歯を削って支えにして抜けた歯を補う処置)になるでしょう。このブリッジも口の中の悪い衛生状態が続くとあっという間に入れ歯になる可能性は大きくなります。


今現在、MI(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲)の略で、「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え方が主流になりつつあります。

 

多田歯科が考えるむし歯治療

歯医者として一番大事なのは、患者様の歯を守ることです。
一度、削ってしまうと、二度と再生することはありません。また、自分の天然の歯に勝るものはありません。


そもそもむし歯にならないようにきちんと予防をすること。そして、もしむし歯になってしまったとしても、二度とむし歯にならないようにできるだけ削らないで治療をすること。さらに、治療した歯やお口全体の健康を保つためにメンテナンスをすること。この3つが大切だと考えています。

 

できるだけ削らない治療のメリット

歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができます。
白い詰め物を使うので、自分の歯との見分けがつかないほどきれいに仕上がります。


金属を使わないので金属アレルギーの患者様も大丈夫です。